おもしろ顔はめパネル甲子園in栗原 表彰式&顔入式に行ってきました!

取材ディレクター・大峯由美子 ライター・沼田佐和子 フォト・根岸功


ペナルティ・ワッキーさんとコミュニケーションプロデューサー若新雄純さんを招き、栗原市で行われている「おもしろ顔はめパネル甲子園in栗原」!

高校生が、とにかくおもしろい顔はめパネルをつくるというこの企画、八木3歩も取材した8月のワークショップのあとは、高校生がそれぞれ家や学校で原寸大の顔はめパネルを手作り。5人の作品がコンテストに出場しました。

作品は、9月からイオンスーパーセンター栗原志波姫店に展示。大賞は、来店した方による一般投票と、ワッキーさんらの審査によって決まります。

この日、イオンスーパーセンター栗原志波姫店で行われた表彰式&顔入式の会場には、5つ個性的な作品がずらり!

最優秀賞に選ばれるのはどの作品なのか、ドキドキです!

会場には、ワークショップの時八木山3歩が注目した一迫商業高等学校の佐藤真美(16歳)さんの姿も。「子どもは下品なものが好き!というワッキーさんの言葉を大切に、どう形にするか考えました。アイディアをひねり出すのが、とっても楽しかった!どの作品が選ばれるのか楽しみ!」と笑顔。

フードコートの一角に設けられた会場は、参加した高校生や買い物客で黒山の人だかり!

ワッキーさんと若新さんが入場し、いよいよ賞の発表です。

緊張のドラムロール…!

最優秀賞に選ばれたのは、古川学園高校の鈴木碧さん(16歳)!

ザリガニが鼻をつまんでいる斬新なデザインが評価され、一般投票では1000票以上を獲得しました!

「ぼくは世界中で500以上顔はめを見てきましたが、鼻をつままれるパネルはこれだけ!この発想はなかった!」とワッキーさんも大絶賛!

鈴木くんも「遊ぶような気持ちで楽しく作った。田園とザリガニをモチーフになにか作りたいな、と思ってできた作品なので、評価されてうれしい」とはにかんだ笑顔を見せてくれました。

「顔はめ甲子園は今回が第一回。とても楽しい作品がそろいました。これから顔はめ甲子園を広げて、栗原が第一回だったんだよ!とみんなが誇りに思えるように頑張ります!」とワッキーさん。

鈴木くんの作品は、プロによって本物の顔はめパネルに。

最後には、ワッキーさんや栗原市長による「顔入式(にゅうがんしき)」も行われ、会場は笑いに包まれていました。

「ザリガニに鼻をつままれるパネル」と、ワッキーさんオリジナルの「滝に打たれるパネル」は、これから栗原市のイベントなどで登場する予定です!どこかで出会ったら、ぜひ、顔をはめてみてください!

ペナルティ・ワッキーさんと栗原市の佐藤市長と仲良く並んで入顔♪

八木山3歩WEB

八木山3歩WEBは、宮城県仙台市で発行している八木山ベニーランドとのコラボレーションフリーペーパーのWEB版です。八木山3歩の取材を通し出会えた方々にはまだまだ冊子ではお伝えしきれなかった面白い活動や情報がたくさんあります。宮城県の市町村をはじめ、企業など、出会えた方々の面白発信情報を八木山3歩目線で紹介していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000