「情報」と「娯楽」

最近思うことを少し書いてみようと今日というか、今思った。八木山3歩を始めたきっかけは身近なことを紹介してた仙台3歩がきっかけ。これは近所も近所、まさに家から3歩くらいで着いちゃう場所をなんとなくの妄想を取り入れて紹介?というか勝手に取材もせず、もしかしたらそうだったら笑うね。みたいな感じで作っていたものだった。今の八木山3歩はどちらかというと情報誌になってきてしまった。別に悪くはないんだけど、情報って伝えたい人と欲しい人とどっちが多いのかな?とか考えてしまった。当然嘘の情報はよくないけど、だったら笑うよね♪って配信は情報じゃなくて娯楽に近いもの。もしかしたら情報誌に最近なりすぎてて娯楽になってない気もする。月刊ムーとかは情報誌じゃないけどワクワクするよね。東スポとかも情報なんだろうけど、なんだか噂話みたいでエ!本当?みたいな感じがワクワクする。ワイドショーとかも情報なんだろけど別に知らなくてもいい情報だからやっぱ娯楽な感じがする見てて面白いし。確かな情報を求めている人も多いとは思うけど、やっぱ人間は娯楽が好きなのかな。大切な確かな情報と同じくらい、どうでもいい娯楽も大切なんだろうね。次回の八木山3歩はもう少し娯楽に戻そうかと思ってます。う〜ん要するに、嘘か誠か?宮城県仙台市の月刊ムーみたいな存在にしていきたいものです。嘘から出た誠!みたいなコミュニケーションを作っていきたいですね。ま、そのようです。というより、そうらしいよ。がいいのかな。添付写真は仙台3歩の時の表現。

八木山3歩WEB

八木山3歩WEBは、宮城県仙台市で発行している八木山ベニーランドとのコラボレーションフリーペーパーのWEB版です。八木山3歩の取材を通し出会えた方々にはまだまだ冊子ではお伝えしきれなかった面白い活動や情報がたくさんあります。宮城県の市町村をはじめ、企業など、出会えた方々の面白発信情報を八木山3歩目線で紹介していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000